【サッカー人気4位】【山雅探報】J3降格。反町時代からの”…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

古賀太陽「立ち上がりは慎重に入るように、僕からも声をかけるようにしていた」/J1 第32節 清水 vs 柏【試合終了後コメント】

○古賀太陽

−ここ2試合は立ち上がりの失点が続いていたため、チームとして試合の入りには細心の注意を払ったと思いますが?

「直近2試合で立ち上がりに失点していたというのもありますし、チームとしてそこに対して特別立ち上がりの準備をしてきたわけではないですけど、選手一人ひとりがそこに対して意識を向けていたと思いますし、僕からも声をかけるようにしていたので、とにかく慎重に入るというか、失点をしないということは立ち上がりは意識していたと思います」

 

−その2試合の失点は一瞬の隙を突かれた失点だったのに対し、今日はピンチも多かった守り切れました。直近2試合と比べて今日の試合で良かった部分は?

「チームの課題として攻めているときのリスク管理は今週1週間、課題として取り組んできたことですし、前節もある程度自分たちがボールを持つ時間が長い中での失点だと思うので、今日の試合はもっとボールを動かさなければいけない時間帯はありましたけど、逆に守備の時間が長いからこそ、全員がそこに向けて集中できていたと思います。毎試合これを続けなければいけないですけど、とにかくゼロで終われたことはポジティブだと思います」

 

−ケガは大丈夫ですか?

「大丈夫です、攣りました(苦笑)」

 

−チアゴ サンタナ選手に対しては古賀選手とエメルソン選手でよく対応できていましたが?

「常にピッチの中でもエメルソンとは声を掛け合いながらやれていましたし、あとはとにかくそこに当ててくるというのを理解しながら、予測しながらというのを僕自身も意識しながらやれていたので、やっぱりそこが相手の一番のストロングだと思っていましたし、とにかくそこを抑えるということを自分でもテーマにしてやれたと思います」

 

−前半は前線からプレッシャーをかけてそこからカウンターがありました。全体的には狙い通りにできた?

「何回か良いシーンは作れましたけど、正直持たれる時間が長すぎたと感じているので、理想で言えばもう少し自分たちがボールを動かしながら押し込んで、トランジションで良い守備をしてというのが理想です。そういう形がなかなか作れなかったと思うので、そこは次への課題として共通理解を持ってやっていければと思います」

 

−終盤の20分間は猛攻を受けましたが、最後守り切れたチームに守備ついて。

「ああいう展開の中でゼロに抑えられたのは今後の自分たちにとって自信になる部分ですけど、理想はああいう形を作らせないまま終えることなので、満足することなく、どうすれば自分たちの時間を長くできるのかだったり、もう少し良い形で守備ができるようにもっと向上していければと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ