【サッカー人気2位】19年から3シーズンを指揮した田坂和昭…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

壮絶なる6ポイントマッチ、勝負を決めたのは三丸拡のJ1初ゴール/J1 第32節 清水 vs 柏【レビュー】

2021明治安田生命J1リーグ 第32節

清水 0−1 柏

IAIスタジアム日本平 15:03KO

得点者:53分 三丸拡(柏)

●スタメン

GKキム スンギュ、DF大南拓磨、エメルソン サントス、古賀太陽、三丸拡、MFマテウス サヴィオ、ヒシャルジソン、椎橋慧也、神谷優太、FWクリスティアーノ、武藤雄樹

腕章を託されているに相応しい凛とした受け答えだった。

試合後のリモート会見にて、直近の2試合で早い時間帯に失点をしていること受けて、古賀太陽が今回の試合の入りについて言及した。

チームとして特別立ち上がりの準備をしてきたわけではないですけど、選手一人ひとりがそこに対して意識を向けていたと思いますし、僕からも声をかけるようにしていた」(古賀太陽)

注目されたその入りは、予想どおりホームの清水が攻勢を仕掛け、柏が守るという構図になる。この立ち上がりの時間帯に、つなぎの部分でのイージーなミスから何度かターンオーバーが起きたものの、古賀の言葉どおり選手一人ひとりの意識の表れか、素早い帰陣と迅速なブロック形成で対応し、リカバーはできていた。

(残り 1460文字/全文: 1945文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ