【サッカー人気4位】「(自身の成長を感じる部分は?)ボール…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

古賀太陽「来シーズンこそは、少しずつでも向上していく姿を見せなければいけない」/J1 第38節 柏 vs 大分【試合終了後コメント】

○古賀太陽

−前半はどこに問題が生じていましたか?

「前半は守備の部分でいうと、なかなか相手の最終ラインに対しても規制をかけられていなかったという部分と、大きく横に振られたときに自分たちの形が崩れてしまう部分があったので、そこで人を掴みにいくぶん、自分の頭を超えたときに全力で戻るとか、ブロックを後ろで作り直すとか、そういうことが必要だったと思いますし、攻撃の部分ではなかなか相手の前からのプレスを剥がせていなかったので、そこを今日のシステムで言うと自分と(高橋)祐治くんからうまく縦に入れていくシーンをもっと作っていかなければいけなかったので、誰のプレッシャーを受けるとか、そのへんは今シーズンずっと言えることですけど、チームとしてもっと整理していかないといけないと思います」

 

−後半はメンバー変更があり、システムも変わった。改善された部分は?

「完全に人に対する、人に強くいくポジショニングにはなったので、一番はそれかなと思いますし、とにかく前からプレッシャーがかかるようになったのが一番の要因だと思います」

 

−リズムを掴んで2−2の同点に追いつきました。そこで逆転できない、逆に勝ち越しを許してしまうあたりが今季を象徴しているようにも感じました。

「チャンスもありましたし、うまくはめていきながらボールを奪ってという形は何度か作れていたと思うので、あとは決めきるというところはもちろん大事ですし、ああいう時間帯に点が取れなかったからこそ、後ろが締めなければいけなかったというのはあると思うので、右サイドは相手もうまく流動しながら、フリーマンを作られてという形が多かったので、もちろん人にいくというシステムやポジショニングにはなりましたけど、一番危ないところを埋めてからというのも、今シーズンを通しての課題だと思うので、そういうところの共有は必要だと思います」

 

−2−2になったからといって、落ち着かせようというイメージではなかった?

「そうですね。特にそういう会話もなかったですし、むしろ取りにいきたかったというのもあるので、ただ後半に入って自分たちの守備の場面でも、人に対して強くいくポジショニングにはなりましたけど、それは相手にとっても一緒だったと思うので、そこを剥がしていけないと、スピードアップするタイミングが早すぎたかなと思うので、それによってボールロストの数も増えたと思いますし、そのへんはとにかく剥がしていくという作業をもっとやっていかないと、今後もうまくいかないと思います」

 

−前節から進歩を示なかったと思いますが?

「4枚のときでも3枚のときでも、フリーマンを作って剥がしていく作業をやらなければいけないですし、そこを意識的にやっていこうということがないのが今の現状だと思うので、ポジショニング一つで解決できることがあるのに目を向けられていないのが問題だと思うし、自分からそういうことをもっと要求していかなければいけないと思いますけど、まずは3枚でやっているときでもうまくポジションをずらしながらということはやっていくべきだし、ポジショニングをどこに取るかは、全員がやっていくべきことなので、課題は多いと思います」

 

−ポジショニングやビルドアップが整理しきれなかった原因は?

「一人ひとりの考えにズレがあるというか、そこに立てばいいのかという考えもそれぞれ違う気がしますし、どこに立つのか、どこに立つことが良いプレーだよねということを共有できていないことが、今シーズンこういう結果になった原因ですし、うまくいく試合とうまくいかない試合がすごくバラバラだった要因だったと思うので、うまくいったときは何が良くてうまくいったのかをもっと追求してやらなければ、毎回毎回ような戦術を取る相手に対して苦手意識があると思うので、そのへんはとにかく問題であることをもっと修正していく作業をしていかなければいけないと思います」

 

−最終戦のセレモニーのサポーターの反応を見てどう感じましたか?

「当然の反応だと思いますし、僕ら選手からしても今年1月にルヴァンカップを逃してからタイトルを取るためにということでシーズンをスタートさせましたが、その結果がこれなので、本当に申し訳ない気持ちが強いですし、不甲斐ない試合を多く見せてしまったことに責任を感じています。ただ、会場に足を運んでくださった方が多かったので、来シーズンこそは、簡単にタイトルを取れる状況ではないですけど、今年よりも上に、少しずつでも向上していく姿をもっと見せなければいけないと思います」

 

−今年はキャプテンマークを巻き、代表のこともあって、いろいろなことがあった1年だったと思いますが?

「苦しかったかなと思います。オリンピックも逃しましたし、常にチームが残留争いをする状況に巻き込まれている中で、自分もキャプテンマークを巻く機会が多くなったので、なかなか自分自身のパフォーマンスに目を向けられない時間もあったかなと思います。その中でチームを良くしていくことが何かできたのかと言われたらまだまだ足りないと思います。でも苦しかったですけど、ポジティブに捉えればなかなかできる経験ではないので、この経験を次につなげなければいけないですし、この経験を無駄にしないようにということは来シーズン以降も意識してやっていきたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ