カワジうぉっち

【トリニータうぉっち】J1昇格のキーマン岩田智輝が”偉大な先輩”西川周作と”兄貴”松原健、そしてマリノスを語る

悲願のJ1昇格に向け残り2試合に命運をかける大分トリニータ。そのキーマンの一人が21歳のDF岩田智輝だ。日本の「USA」としても知られる大分県の宇佐市出身で、トリニータの下部組織から昇格した岩田はアンダーの日本代表なども経験し、東京五輪を目指す有望株としても期待される。

粘り強いディフェンスと果敢なオーバーラップが持ち味で、U-21代表に名を連ねる藤谷壮(ヴィッセル神戸)や同じポジションで競ってきた初瀬亮(ガンバ大阪)、岩田と同じくセンターバックとサイドバックの両ポジションをこなす橋岡大樹(浦和レッズ)や立田悠悟(清水エスパルス)と言った強力なライバルにも「アップダウン(の運動量)はすごい自信あるのでそこは負けない」と語る。

やっぱ負けられないですし、2年後ですけどオリンピックに絡みたいと思ってるので、常に同期の情報は結構気にしてます」

そう意気込む岩田は現在3バックの右ストッパーだが、そこから機を見たインナーラップ(アンダーラップとも言う)と外側から弧を描く様なオーバーラップを繰り出し、ミドルシュートやクロス、時にワンツーなどで前線に絡むこともできる。そうしたプレーについては右サイドハーフの松本怜ともかなりコミュニケーションをと取っているそうだ。

レイさんもサイドバックやったことあると思うので、そういうのは多分わかってると思うので、オーバーラップしやすい様なポジショニングをとってくれてますね」

生え抜きの岩田としてはチームが昇格を勝ち取り、J1の舞台で戦える楽しみにも増して自負していることがある。「ちっちゃい時はJ1が当たり前のチームだったので、(地元の)ちっちゃい子達のために、そういうチームにやっぱりさせないといけない。

自分もそうだったのでJ1にいるチームにしてあげたい」と岩田。そうした子供たちもそうだが「J3の時でもサポーターもすごい応援してくれた」サポーターのために昇格を勝ち取りたいという思いも強いのだ。

(残り 735文字/全文: 1552文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ