『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

カワジうぉっち

【ACLうぉっち】J王者としてリベンジへ。上海上港、シドニーFC、さらに韓国勢。川崎フロンターレの”死の組”を展望する

来年のAFCチャンピオンズリーグはJ1王者の川崎フロンターレがすでに本戦出場を決めており、2位のサンフレッチェ広島が日本の第三代表として2月に行われるプレーオフに臨むことが確定している。3位の鹿島アントラーズは第四代表で同じくプレーオフを勝ち上がる必要があるが、天皇杯に優勝した場合は第二代表として本戦にストレートインできる。

今回は抽選方式が大きく変わり、元日本代表の岩政大樹氏がドロワーを務めた抽選会ではいきなり驚くべき結果が出た。E組が韓国第三代表(慶南FCに決定)、マレーシアのジョホールFC、残り2つがプレーオフ枠となった一方で川崎フロンターレが組み込まれたH組に豪州レギュラーシーズン王者のシドニーFCと優勝候補の筆頭格とも言える中国王者の上海上港が入り、残るプレーオフ枠も順当ならACLの常連である韓国の蔚山現代か浦項スティーラーズが入る可能性が高い。

※Kリーグ3位の蔚山現代が韓国FAカップ(大邱と12/5、12/8に決勝)で優勝した場合は第二代表としてF組に入り、Kリーグ4位の浦項が繰り上がりでH組に入る。

フロンターレは旧方式の今年も厳しい組での戦いを強いられたが、さらに厳しい組み分けになった。しかし、見方を変えればJ1王者のアジアでのリベンジの場として相手に不足はない。

来年はW杯イヤーだった今年よりほぼ3週間遅い3月6日(水)が初戦だ。2月16日にゼロックス・スーパーカップ(天皇杯の王者と対戦)があり、J1開幕の2月22日から2週間ということでコンディション的には理想的な入りができそうだが、いきなりアウェーで前回も同組だった上海上港との対戦になる。

(残り 1578文字/全文: 2266文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック