サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

カワジうぉっち

【グランパスうぉっち】J1残留の”影の功労者”。湘南戦PK獲得につなげた玉田圭司の動き

玉田圭司が名古屋グランパスを退団することが明らかになった。2年間でのグランパスとの別れ。しかし、セレッソ大阪に移籍する前には9シーズン在籍しており、11年間プレーしたことになる。まさにグランパスの”生けるレジェンド”だ。

今季は3月のルヴァン杯でいきなり負傷するなど厳しい出だしとなったが、7連勝中は全てスタメンで出場するなど、後半戦の巻き返しは玉田の貢献抜きには語れない。24試合で3得点というストライカーとしては物足りなさがある結果ではあるものの、第23節サガン鳥栖戦でのキーパスなど、多くの得点につながる働きは流石だった。

そして残留をかけた湘南との最終戦でジョーのPK獲得シーンにつながる起点になったのも玉田だった。

(残り 464文字/全文: 774文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題