ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

カワジうぉっち

無料版【ワールドうぉっち】アルアインをFCWC決勝に導いたカイオ「(決勝で)鹿島とやりたい」

準決勝の1試合目は開催国代表のアルアインが南米王者リーベルプレートと2-2で引き分け、PK戦を制したアルアインが22日にアブダビで行われる決勝に進出した。

試合はCKからスウェーデン代表FWベリが押し込んでアルアインが先制するが、リーベルもボレの連続ゴールで逆転。しかし、後半6分に左サイドで塩谷司のパスを受けたカイオがディフェンスを右にかわし、鮮やかなシュートを決めて同点に追いつきました。

結局2-2のまま延長でも決着がつかずにPK戦となりましたが、アルアインは最初のキッカーであるカイオが幸先よく決めると残りも全て成功し、リーベルの5人目をアルアインの小さな守護神エイサが止めてファイナル進出を決めました。

試合後、カイオに話を聞きました完全版

--同点となったゴールについては?

「いいゴールだった。シオ(塩谷)からボールをもらって、そこでディフェンスが1人来たので、右にかわしたら(シュートが)入るかなと思いました」

ーーPKはプレッシャーなどあった?

「プレッシャーは全然無いです。もう慣れてるから。自分で絶対決めるから、だから最初になって」

ーーこれで鹿島かレアル・マドリーどっちが来てもすごい決勝になりますね。

「そうですね。でも鹿島を応援するから」

--鹿島とこういう舞台でやれるというのは夢のよう?

「めちゃいいですね。鹿島とやりたいです」

--鹿島のサポーターに言いたいことは?

「チームがサポートしてくれるし、鹿島はいい選手いるから絶対に勝つと思う」

--決勝に向けて

「今日みたいに走って、チームのために頑張りたい」

ーー試合では多くの日本人がツイッターでカイオ選手の応援コメントをしていましたよ。

「まじですか。ありがとうございます。遅くまで起きてくれて」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック