『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

カワジうぉっち

【Jうぉっち】[名古屋グランパス]決勝点はオウンゴールだったが、相馬とシャビエルの連携にグランパスの強さが表れた

2連勝中だった名古屋グランパスは前節に初勝利をあげたガンバ大阪とアウェーで対戦。2ー2で迎えた後半42分にガンバのオウンゴールで3連勝となった。

結果はオウンゴールだったが、相馬のペナルティエリア内まで進出してのクロスをGK東口がセーブしたボールがカバーに入った藤春に当たった結果であり、ゴール前に長谷川アーリアとジョーが詰めていたことを考えても、ガンバのミスというよりグランパスの迫力ある攻撃の結果だ。

そのチャンスにつながった相馬の仕掛けだが、そこにつながるプレーの意識がグランパスの強さを示している。

(残り 690文字/全文: 941文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック