再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

カワジうぉっち

【Jうぉっち】[マリノスvsグランパス]好ゲームにふさわしいラストの攻防。最後までボールを奪いに行くグランパスの攻撃的ディフェンスとマリノスを救った扇原のカバーリング

横浜F・マリノスと名古屋グランパスのナイトゲームは攻撃的なスタイルを掲げる両チームの激突にふさわしいスペクタクルな内容でしたが、結果1−1で引き分けとなりました。

マリノスにも十分勝機はありましたが、グランパスが何度か勝機を掴みかけたところでマリノスの体をはったディフェンスやGK朴一圭(パク・イルギュ)の好セーブが勝ち点1をもたらした試合とも言えます。

そんな試合で後半アディショナルタイムに自陣から攻撃を組み立てようとしたマリノスに対し、グランパスはボールホルダーと受け手の間にポジションを取って前からハメるディフェンスをこの時間帯にもやってきました。

(残り 1010文字/全文: 1286文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック