今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

カワジうぉっち

【U-20うぉっち】フリエ斉藤光毅&ヴィッセル郷家友太:ポテンシャル溢れる二人のアタッカーが世界で飛躍を目指す

”影山ジャパン”はポーランドで開催されるU-20W杯に向けた国内最終合宿を打ち上げました。

メンバーのうち13人が流通経済大とのトレーニングマッチに出場しましたが、週末のJリーグに出た選手はベンチから45分×2本で仲間たちのプレーを見届けました。

久保建英や安部裕葵が外れ、さらに滝裕太も怪我で離脱したチームで、左右サイドハーフの主力として期待のかかる斉藤光毅(横浜FC)と郷家友太(ヴィッセル神戸)も同じくベンチで観戦するメンバーとコミュニケーションを交えながらピッチに目をやっていました。

(残り 1469文字/全文: 1713文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック