【サッカーパック人気5位】 2019Jリーグキックオフカンファレンスでの一問一答~川崎の鬼木達監督

カワジうぉっち

【トリニータうぉっち】”放り込み”ではない崩しのロングパスを繰り出す島川俊郎。躍進継続のキーマン

J1は11試合が終了。FC東京が首位を走り、名古屋グランパスが2位で追走する展開ですですが、最も驚きをもたらしているのは昇格組の大分トリニータでしょう。

[3ー4ー2ー1]をベースにボールを動かしてアクションを起こすスタイルを継続しながら、J1仕様とも言えるロングパスを織り交ぜたスタイルで対戦相手を苦しめています。ポゼッションを基調としながら、”放り込み”ではない意図的にスペースを狙ったロングパスをここまで効果的に使っているチームはJ1では大分をおいて他にありません。

攻撃の起点となるGKの高木駿を含む全員が攻撃イメージを共有して幅広く展開するスタイルの中で、エースの藤本憲明、多くのチャンスで起点となる小塚和季が目を見張る活躍を見せていますが、基本スタイルが相手に読まれて来ている状況で新たなオプションをもたらしているのがボランチの島川俊郎です。

(残り 1410文字/全文: 1785文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック