監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

カワジうぉっち

【U-22うぉっち】トゥーロン国際に臨むU-22ジャパンの予想布陣

A代表と東京五輪を目指すU-22日本代表を兼任する森保一監督は6月1日からフランス南部で行われるトゥーロン国際トーナメントに臨むU-22日本代表のメンバーを発表しました。

12カ国が参加する大会。日本はイングランド、チリ、ポルトガルという強豪とグループリーグを戦い、1位は準決勝に進出。2位の場合は3組でもっとも成績がよければ準決勝、そうでない場合は順位決定戦に回るという仕組みになります。

なお森保監督は6月5日と9日にキリンチャレンジカップ、さらに17日に初戦を迎えるコパ・アメリカがあるため、トゥーロンは横内昭展監督代行が指揮をとります。

GK

オビ・パウエルオビンナ(流通経済大)

波多野豪(FC東京)

山口瑠伊(エストレマドゥーラ)

DF

田中駿汰(大阪体育大)

椎橋慧也(ベガルタ仙台)

大南拓磨(ジュビロ磐田)

岡崎慎(FC東京)

古賀太陽(柏レイソル)

MF

相馬勇紀(名古屋グランパス)

長沼洋一(愛媛FC)

神谷優太(愛媛FC)

三笘薫(筑波大/川崎フロンターレ内定)

伊藤達哉(ハンブルガーSV)

舩木翔(セレッソ大阪)

高宇洋(ガンバ大阪)

岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)

田中碧(川崎フロンターレ)

川井歩(レノファ山口FC)

松岡大起(サガン鳥栖)

FW

小川航基(ジュビロ磐田)

旗手怜央(順天堂大/川崎フロンターレ内定)

小松蓮(ツエーゲン金沢)

相馬勇紀や高宇洋、田中碧などこれまで未招集でもJリーグの試合に出ている選手が多く、大学生も三苫や旗手、オビといったこの年代の常連メンバーで構成されます。その中で田中駿汰は初選出されましたが、彼に関しては全日本大学選抜の合宿を視察した時に目にとまり、スタッフと協議して招集を決めたようです。

(残り 1467文字/全文: 2174文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック