今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

カワジうぉっち

【U-20うぉっち】”右サイドのハンドル”グランパス菅原由勢に期待される伝達力:こういう喋り方をすれば、この選手はこう乗って行くなとかも分かる

”影山ジャパン”はU-20W杯の初戦で南米王者エクアドルに挑みます。

メンバー中の4人が3月のA代表に招集されていたエクアドル。特にエースストライカーのカンパーナはハイスケールなFWとして日本の選手たちも警戒していますが、サイドの大外からゴール前めがけて入ってくるクロスボールは非常に危険です。

サイドハーフのアルバラード、サイドバックのパラシオスを擁する左サイドと対峙するのは右サイドバックの菅原由勢です。

(残り 1537文字/全文: 1739文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック