都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

カワジうぉっち

【Jうぉっち】[J1夏の移籍を総括]熾烈の上位編:FC東京、鹿島、広島、川崎、横浜FM

2019年のJリーグは第二登録期間(7/19~8/16)いわゆる夏の移籍期間が終了し、いよいよシーズン終盤戦に突入します。ラグビーW杯もあり、ホーム&アウェーのレギュレーションが不規則な状況で、順位争いは最後までもつれそうな展開ですが、そこに夏の補強がどう影響してくるか興味深いところです。第一弾としてFC東京、鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島、川崎フロンターレ、横浜F・マリノスの補強をフォーカスします。

首位のFC東京はピンポイントに2選手を補強しました。ヴィッセル神戸から”タマ”こと三田啓貴を獲得し、ガンバ大阪からは左右のサイドバックをこなすオ・ジェソクが加入しています。ちょうど久保建英がレアル・マドリーに、太田宏介が名古屋グランパスに移籍したポジションにそのまま入る形で、的確な補強と言えます。オ・ジェソクの場合は守備面の強化という意図もあるでしょう。

(残り 2728文字/全文: 3111文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック