本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

カワジうぉっち

【代表うぉっち】柴崎岳:さらに難しい試合が1年後ぐらいにはやってくる

森保一監督が率いる日本代表は10日にミャンマーとアウェーで対戦し、2−0で勝利しました。後半に多くのチャンスを作りながら3点目を取って仕留められなかったことはスッキリしない部分もありますが、難しい予選のスタートで、ほぼ危なげなくスタートを切れたことは上々と言えます。

ロシアW杯を経験し、森保ジャパンがスタートして昨年10月のシリーズから中盤の主力としてチームを支える柴崎岳も「表現の難しい試合だった」と振り返ります。

(残り 1370文字/全文: 1578文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック