【サッカー人気1位】【コラム 】西の果てから愛を叫ぼう~コ…

カワジうぉっち

【U-18うぉっち】U-17W杯の無念はU-20への糧に。現在のU-17とU-18が融合する来年U-19日本代表の主要メンバーを大展望

森山佳郎監督が率いる”02ジャパン”ことU-17日本代表はブラジルで行われているU-17W杯のグループリーグで強豪オランダに3−0と快勝、さらにアメリカと0−0、セネガルに1−0勝利という結果で首位通過を果たしました。

決勝トーナメントの1回戦で北中米カリブ海の雄メキシコと対戦しましたが、後半にCKとカウンターの中央突破から2点を失い、終盤の反撃も及ばず0−2で敗戦。ベスト4以上を目指した戦いは久保建英、菅原由勢、中村敬斗を擁した前回と同じベスト16で幕を閉じてしまいました。

その一方で影山雅永監督が率いるU-18日本代表はベトナムでU-19アジア選手権予選を戦っており、1試合目はグアムに10ー0と大勝。ここからモンゴル、そして開催国のベトナムと対戦します。

今回はこういう形で2つのチームに別れていますが、来年には本格的にU-17組が加わり、U-19日本代表として2021年のU-20W杯を目指して行くことになります。2001年、2002年生まれをベースとした彼らの当面の目標はそこですが、2024年にはパリ五輪があり、さらにはA代表での活躍があります。

(残り 1889文字/全文: 2368文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック