再現性の低いサッカーに未来はないのか?風間グランパスとポステコ・マリノスで分かれた明暗(J論)

カワジうぉっち

【代表うぉっち】畠中槙之輔はキルギスでも元気いっぱいです(”保護者”は閲覧注意)

森保一監督が率いる日本代表はアウェーのキルギスに乗り込み、11日からビシュケクで合宿をスタートしました。

初日の参加者は13人。Jリーグで終盤まで優勝を争っている横浜F・マリノスから招集された畠中槙之輔も元気な姿を見せています。昨年の今頃はやや遠慮がちなところもありましたが、すっかり定着してサムライブルーの姿は当たり前になりつつあります。

(残り 353文字/全文: 522文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック