サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

カワジうぉっち

【代表うぉっち】惨敗の中で畠中槙之輔が描いた進化への道筋。まず目の前のマリノスの試合から実行して行く。

森保一監督が率いる日本代表はベネズエラに1ー4と大敗。後半は多少持ち直したものの、親善試合の性質を考えれば、4失点した前半を受けてゴール裏から大ブーイングが飛んだのも当然と言えます。

前回のタジキスタン戦、さらにキルギス戦でも出番がなく、ようやく今回スタメンのチャンスを与えられた畠中槙之輔(横浜F・マリノス)も周囲の厳しい評価を受け入れながら試合を振り返りました。

(残り 1663文字/全文: 1845文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック