【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

カワジうぉっち

【五輪代表うぉっち】サウジに敗戦のU-23日本代表。岡崎慎が痛恨PKを分析的に振り返る

AFC U-23選手権で森保一監督が率いる日本代表はサウジアラビアに1ー2で敗れました。

1ー1で迎えた後半40分に3バック左の古賀太陽のパスが短くなったところを途中出場のアルブリカンにかっさらわれ、ペナルティエリア内に持ち込まれたところで岡崎慎のファウルを取られてPKに。VARによる審議となりましたが、岡崎の足が相手の足を踏む形で倒しており、キッカーのガリーブに落ち着いて決められました。

結果的に致命的な失点につながるPKを与えてしまった岡崎がそのシーンを分析的に振り返りました。

(残り 2466文字/全文: 2706文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック