【サッカー人気2位】【ガンバうぉっち】東口目線:ガンバはマ…

カワジうぉっち

【五輪代表うぉっち】遠藤渓太は生き残りをかけ”チームの甘さ”に向き合う:何が求められているか自分自身は理解している

U-23日本代表はカタールと対戦します。相手は日本に勝つことでしか次のステージへの扉を開けない状況で、2試合でグループリーグ敗退が確定した状況でも、東京五輪の開催国として、この先は本番まで得られない真剣勝負の機会となります。

2試合で出番の無い遠藤渓太は「この2試合出ていないというのが自分の実力だと思っている」と前置きしながら「2連敗でグループリーグは痛いという事実がある中で、最後のゲームで自分らがどういう振る舞いをできるかも大事になってくると思うので、そこは結果にこだわっていければ」と語ります。

ーー2試合を観ていて感じたことは?

(残り 1588文字/全文: 1855文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック