【サッカー人気2位】M&Aのプロフェッショナルが…

カワジうぉっち

【沖縄合宿】[名古屋グランパス]阿部浩之の存在の大きさを感じる相馬勇紀:相手を見ながら攻撃のバリエーションを出して行きたい

タイ合宿に引き続き、沖縄にて新シーズンに向けた強化を行なっている名古屋グランパス。マッシモ・フィッカデンティ監督のもとで守備も攻撃もさらにアグレッシブな戦い方を目指している様子です。

そのキーマンの一人がU-23日本代表でもある相馬勇紀。昨シーズンは半年間、鹿島アントラーズに貸し出されていましたが、グランパスが進化するための重要なピースとして戻って来ました。

昨年末の東アジアE-1選手権からタイで行われたAFC U-23選手権、短いオフを取ってからのタイ合宿、さらに沖縄合宿と、チームと自分の状態をロジカルに見つめて前進していることが分かります。

2月4日のヴァンラーレ八戸とのトレーニングマッチ後、相馬選手は「練習でもいろんなパターンを試している中で、そういう形を今日は連動も含めながらやって、めちゃ良かったわけじゃないと思います。ただチャレンジしている途中なので、別に悪いとも思ってない」と振り返りました。

(残り 1242文字/全文: 1645文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック