【サッカー人気1位】【ルヴァンうぉっち】[川崎フロンターレ…

カワジうぉっち

ほぼ無料【ACLうぉっち】[ヴィッセル神戸]ジョホールDT戦の5ゴールを解説①イニエスタ→小川慶治朗

 

天皇杯の王者としてACL初陣に臨んだヴィッセル神戸はマレーシアのジョホールDTを相手にホームで5−1と勝利。最高のスタートを切りました。

試合データ(スポナビ)

小川慶治朗がイニエスタのアシストからの先制点を含むハットトリック、さらに古橋亨梧、新外国人ドウグラスが得点を記録しています。その5得点を簡単な解説で振り返りたいと思います。

①小川慶治朗 前半13分

相手のクリアボールを大崎玲央が拾い、前方のイニエスタにパス。そこからセンターバックのフェルマーレン、再び大崎と繋いで4ー3ー3をベースとした相手のディフェンスに揺さぶりをかけます。

そこから大崎が相手FWのディフェンスを引き付けてフェルマーレンに出す間に、イニエスタが左サイドの後ろまで引いてフェルマーレンからのパスを受けました。

ジョホールが最も警戒しているであろうイニエスタが最終ラインまで引いたことで、ディフェンスが縦に間延びします。ここでアクションを起きしたのが古橋でした。

小川、ドウグラスとともに3トップの一角を担っていた古橋はイニエスタがボールを持った瞬間に左へ流れる動きをします。

右センターバックの手前から右サイドバックの間へ回り込む動きをすることで、右センターバックが完全に引き付けられました。

その時にドウグラスは前線の右より、小川は中央にいましたが、小川は左センターバックの背中を取るように斜めに飛び出してイニエスタの正確なパスに反応すると、ノートラップで左足の浮き球シュートをゴール右に決めました。

(残り 233文字/全文: 936文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック