【サッカー人気3位】東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。…

カワジうぉっち

【ACLうぉっち】[横浜F・マリノスvsシドニーFC]トリコロール衝撃の4ゴールを解説(オナイウ阿道フォーカス)1点目:効果的なポジショニング&リアクションからの迷いないシュート

横浜F・マリノスはACLの第二節でオーストラリア王者のシドニーFCとホームで対戦。シュート24本を放つなど優勢を続け、4得点を奪って4−0の勝利を飾りました。

ここでは衝撃的な4ゴールをオナイウ阿道フォーカスで解説します。

◉ハイライト動画

1点目:オナイウ阿道(前半12分)

相手のスローインを松原健がFWル・フォンドルの背後からヘッドで前に跳ね返すと、マルコス・ジュニオールがディフェンスの間から頭でインサイドに繋ぎます。

そこでボールを受けた仲川輝人がグイッと入り込んで、インサイドの手前でフリーになった喜田拓也へ。相手ボランチのブラッタンが喜田に食いつくと、喜田はその背後に左足でダイレクトの縦パス。

(残り 821文字/全文: 1204文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック