【サッカー人気3位】東京五輪の1年延期が新たな競争を生む。…

カワジうぉっち

【レノファうぉっち】[スペシャルインタビュー]霜田正浩監督が語る「昇格へ狂いたまえ」の真意:前編

2020シーズンが開幕するJリーグ。J2では昇格をめぐり激しい戦いが繰り広げられることは間違いありませんが、台風の目になりうる存在として注目しているのがレノファ山口です。

毎年のように活躍した選手が巣立って行き、移籍先の大分トリニータでもブレイクしたオナイウ阿道は日本代表に選ばれました。

今オフには菊池流帆がヴィッセル神戸、キャプテンを務めた三幸秀稔が湘南ベルマーレなどJ1クラブへの”個人昇格”も目立ちましたが、一方でレノファは菊地光将、村田和哉、安在和樹、さらに合宿の練習生として参加していた武岡優斗などJ1経験のある実力者を加えて、臨戦態勢を整えています。

維新の父である吉田松陰の言葉にちなんだ「昇格へ狂いたまえ」をスローガンに掲げるレノファ山口の霜田監督に聞きました。

ーー今回は「昇格へ狂いたまえ」という新シーズンのスローガンの真意を霜田監督に聞きたくて、お時間をいただきました。レノファの補強を見て、これまでも勝つつもりがないと全然思ってないですけど、霜田監督も3年目で、本当に勝負して来たなと。これまでの方針ではステップアップしたいという選手には耳を傾けて出す方針は変えてないじゃないですか。その分も、即戦力になる選手たち、育てながら勝つだけじゃなくて本当に勝つ?

「僕が来る前の段階から予算的な問題とかもあって。僕が来る前の段階から。急に上がって来たチームなので、そういう難しさがあって。でも、そんなの僕は分かって来てるから、それに対して何のストレスも無くて。いるメンバーでやろうね、来るメンバーでやろうねと。でも絶対に下に落ちちゃいけない。せっかくトントントーンと上がってきたのに、落っこっちゃうわけにはいかないから」

(残り 2992文字/全文: 3707文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック