【サッカー人気1位】相手のミスを咎めるのは勝利への近道 「…

サッカーの羅針盤

【コウベうぉっち】[vs横浜FC]古橋亨梧のヴィッセル神戸を救う同点ゴールを解説

ヴィッセル神戸はホームでノエスタで13年ぶりのJ1となる横浜FCと対戦。前半24分に先制点を奪われ、ボール保持率66%という試合展開でもなかなかゴールを決められないまま終盤に突入しました。

チームを救ったのは日本代表FW古橋亨梧。大崎玲央のインターセプトを起点に、左の酒井高徳のリターンパスを受けたサンペールがミドルレンジのスルーパスを送ると、横浜FCのディフェンスのギャップに入り込んだ古橋がそれまでビッグセーブを続けていたGK六反勇治を外にかわしてゴールに流し込みました。

古橋亨梧ゴールを解説します。

(残り 1775文字/全文: 2069文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック