遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

カワジうぉっち

【J1うぉっち】開幕戦の名シーン:名古屋の完璧な崩しと相馬勇紀の”ミス”を誘ったベガルタ守護神のポジショニング

Jリーグがいよいよ開幕。多くの試合が行われましたが、名シーンをピックアップして解説します。

ベガルタ仙台vs名古屋グランパスはセットプレーから”島尾”ことシマオ・マテの先制点を許したグランパスが阿部浩之の移籍初ゴールで1−1に追いつきましたが、その後のチャンスが実らず、そのまま引き分けに終わりました。

どちらにも勝機はある中で、お互いがフィニッシュの精度を欠いた印象はりますが、名古屋のミッチー・ランゲラック、仙台のヤクブ・スウォビィクという両チームの守護神のハイレベルな対応がロースコアの結果をもたらした部分もあります。

象徴的だったのが77分のグランパスのチャンスでした。今シーズンのグランパスはマテウスや相馬勇紀、そして現在は1トップを担っていますが前田直輝という良質なサイドアタッカーを擁しており、サイドからの突破力が1つ大きな武器となります。

(残り 1110文字/全文: 1527文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック