【サッカー人気2位】【コラム】無観客試合というハードル~運…

カワジうぉっち

だいたい無料【J2うぉっち】J1リーグ2020:中断明けの主役候補は?(J2編)

新型コロナウィルス早く撃退したいですね。

先日ヤフーにて「J1リーグ2020:中断明けの主役候補は?」という記事を掲載しました。そのJ2編になります。

開幕節のプレーなどを基準に、再開後のJ2で主役級の活躍が期待される注目のタレント8人をピックアップします。

ファビオ(アルビレックス新潟)

開幕戦は後半の途中出場でいきなり規格外の能力を見せつけました。ポジショニングや動きそのものは粗削りではあるものの、J2のセンターバックでは個人で止めきるのはほぼ不可能かもしれません。

しかし、そこでチャレンジ&カバーしようとすると、新潟にはシルビーニョや渡邉新太、ロメロ・フランクと言った鋭いフィニッシュワークをしてくるアタッカーが揃っているので、かなり猛威を振るうかもしれません。

昨シーズンのレオナルドのように、得点王争いの上位に行けるかは一にも二にもシュートの決定力次第ですが、少なくともアルビレックスの得点力を引き上げる存在になることはほぼ間違いありません。その点に関してはレオナルド以上のインパクトがあります。

遠野大弥(アビスパ福岡)

天皇杯(Honda FC)で大活躍して川崎フロンターレが獲得。今シーズンはアビスパに期限付き移籍していますが、開幕戦で早くも高い能力を見せつけました。縦の仕掛ける推進力と飛び出し、そして北九州戦で見られたような抜け目なさはJ2を見渡しても抜きん出ており、再開後の得点量産なるかも注目です。

何よりディフェンスの要求が厳しい長谷部新監督のもと実績十分なファンマとともに、2トップのスタメンに抜擢されたことが能力を示していると思います。開幕戦であれだけ存在感を示せば相手のマークも厳しくなることは予想されますが、ファンマとの2トップを生かし、右サイドから中に流れてくる福満隆貴ともうまく絡んでいければ、相乗効果が生まれて来そうです。

順調に行けば来シーズンには川崎フロンターレのユニを来ているはずですが、J1昇格という置き土産を残していけるか期待です。

田口泰士(ジェフユナイテッド市原・千葉)

ユン・ジョンファン監督のもと、まずはしっかりしたディフェンスからシンプルに相手の隙を突く形を取っていますが、その中で効果的なパスを配球する役割を担うのが田口泰士です。開幕戦は開始早々にクロスのセカンドボールを拾ってワイドに展開し、堀米勇輝のクロスに飛び込んだ米倉恒貴の先制ゴールをお膳立てしました。

基本的に攻守のバランスを取りながら、いざマイボールになれば手薄なサイドに展開するのが第一の仕事になりますが、現在のスタイルにチーム全体が慣れてくれば、タイミングを見て田口が攻め上がり、スルーパスやミドルシュートなど決定的なプレーも増えてくるはずです。

中盤の相棒である熊谷アンドリューは攻守にハイスケールではあるものの、ゲームコントロールで気の利くタイプではないため、田口のハンドルとしての役割も期待されます。

小川航基(ジュビロ磐田)

EAFF E-1の取材で横浜F・マリノスの遠藤渓太が「いい意味でエゴイスト」と小川航基のことを語っていましたが、開幕戦の活躍はまさしくエゴイスティックなまでのゴール意識がそのまま結果を引き寄せた形でした。

アンダー代表やジュビロの入団当初は一番足りていなかった要素を武者修行先の水戸で身に付けて、舞い戻った小川。そのプレーは「いい意味でエゴイスト」そのものですが、引く手数多の存在でありながら愛着と恩義のあるジュビロに残り、名門復活を助けるという意識は若い日のバティストゥータを思い起こします。

J2のステージでストライカーとして通用することは分かりきっていますが、外国人選手が上位を占めると予想される得点王ランキングのトップに立てるかどうか。結果としてジュビロがどれだけ勝ち点を積み上げることができれば”J2の主役”と言っていいでしょう。

西谷和希(徳島ヴォルティス)

昨シーズンは”入れ替え戦”で惜しくも昇格を逃した徳島ヴォルティス。リカルド・ロドリゲス監督が4年目を迎えるにも関わらず、評論家や記者の評価が高くなかったのは野村直輝など多くの主力が引き抜かれたからでしょう。しかし、加入する選手の顔ぶれを見ると、やはり目の付け所が違うという印象を持ちました。

その一人が栃木SCに所属していた西谷和希であり、東京ヴェルディとの開幕戦でハットトリックを達成し、非凡な能力を見せつけました。しかも、先制点は杉森考起のボール奪取からショートカウンター、垣田裕暉のシュートリバウンドを西谷が押し込むという、フレッシュなアタッカー陣が躍動してのゴールで、リカルド・ロドリゲス監督の指導力をベースに今シーズンのヴォルティスも強い印象を示しました。

(残り 1676文字/全文: 3607文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック