【サッカー人気3位】【トピックス】誰もが使いやすい長く愛さ…

カワジうぉっち

【トリニータうぉっち】トリテン×KAWAJIうぉっち大放談:開幕戦から展望する大分トリニータの2020(中編)

Jリーグ2020シーズンが開幕しましたが、ご存知の通り新型コロナウィルスの影響で3月15日までの試合が延期になり、中断期間になっています。

そこで大分トリニータの公式コンテンツトリテンのライターひぐらしひなつさんと大分トリニータについて、セレッソ大阪との開幕戦を題材に放談しました。

3回シリーズの中編です。(前編はこちら

(写真:ひぐらしひなつ)

ひ・・・ひぐらしひなつ  か・・・河治良幸

ひぐらしひなつ、開幕戦後にセレッソの予想順位を上げる

 セレッソが序盤にセットプレーで得点したことが明暗の全てに近いというか、もちろん大分が追い付くチャンスはあったけれど、あそこが試合の80%ぐらい占めちゃうかなと。どっちがどんな形であれ先制点を取るかが重要だったし、0-0で後半に行けば”ロティーナvs片野坂”というオプションの出し合いや選手交代の勝負が見られたかな。でもそうならず、早い時間帯にリードしたセレッソとしてはなるべくローリスクで守りながら大分にカウンターの脅威を与えるという割り切りで、本当に手数をかけない攻撃の中で、奥埜博亮が左ワイドに流れたり、坂元がドリブルで仕掛けたりというやり方だったかなと。

 大分もそんなにセットプレーからの失点は多くなかったはずだけど、新チームになったところもあり、繰り返しショートコーナーから3回目でストレートに放り込んできたというセレッソのうまさというか。それは感じましたね。

(残り 3324文字/全文: 3928文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック