【サッカー人気1位】なぜJ1で4-3-3が急増しているのか…

カワジうぉっち

無料記事【原点】宮吉拓実(京都サンガF.C.)

小学校3年生の宮吉拓実:上段左から4人目(堀越コーチ写真提供)

 

京都サンガF.C.所属の宮吉拓実27歳、プロ13年目。           

サンガでJリーグデビューしたのは16歳1ヶ月14日(J1リーグ史上2位の年少記録)。

これまでカターレ富山、サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌でもプレーしてきたが、昨シーズン サンガに復帰し、Jリーグ通算200試合出場を愛するクラブで達成した。

サンガ下部組織で育ったことは知られているが、サッカーを始めたころはどうだったのか。

サッカー人生最初の指導者である恩師の堀越八輔氏(松庵小サッカークラブコーチ)が幼少期の宮吉拓実について初めて語る。

 

 Vol. 1[ファーストインパクト]

堀越氏はコーチをすることに慣れたころ、宮吉拓実に出会った。

「僕が拓実と最初に会ったのは、近所の公園でした。お兄ちゃんに連れられて公園に遊びに来た。そのときのことは強烈に覚えています。僕やうちのチームを巣立っていったOBたちみんなでリフティングをしてたんですけど、その中に幼稚園児が入ってきて、一緒にやってました。しかもヘディングで。すごいやつが現れたなと思いました」

 

小学1年生になり、松庵小サッカークラブに入部。

「拓実は、最初からすごくキレイなインステップキックが蹴れたのを覚えています。インステップの習得って結構大変なんですけどね」

 

ゲーム中には、さらに驚くべき才能を見せたという。

「拓実はドリブルすべきときにはドリブルしますし、パスすべきときにはパスを出します。ゴールが狙えると思えば、ハーフウェイラインからでもシュートを打ちますし、こっちが劣勢で守るべきときには、自分たちのゴール前に戻ってきて仁王立ちして守ってましたね。教えなくても、どんなプレーをすべきかを理解していました」

 

小学1年生ですでに、どうすればゴールが取れて、どうすればゲームに勝てるのかを判断してプレーしていたという。

「もう無駄がないっていうか、なんでもできました。そんな子は今まで見たことがなかったです。だから、僕は彼に、あーしろとかこーしろとか言った記憶はないです。むしろ、僕らコーチ陣は、彼のプレーをすごく楽しんで見てました。なぜ彼が最初っからあんなプレーができて、サッカーの本質を知っていたかは謎です」

 

→ Vol. 2[別格]

 

Vol. 3[拓実を育てた場所]

Vol. 4(最終話)[成長]

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック