【サッカー人気3位】勝ち点1を手繰り寄せた西川周作のビック…

カワジうぉっち

再開後の過密日程を乗り切れるか。Jクラブ選手層査定:ガンバ大阪

中断期間が大幅に延長され、再会はいつになるとも分かりませんが、未体験の過密日程が待っていることは間違いありません。怪我、出場停止、中2日、3日のターンオーバー。愛するクラブの選手層は大丈夫なのかを現在地から査定します。

ガンバ大阪

選手一覧(スポナビ)

開幕戦スタメン vs 横浜F・マリノス

——————-宇佐美——————–

倉田——井手口——-矢島——-小野瀬

——————–遠藤———————-

藤春—ヨングォン——三浦—–ジェソク

———————東口———————-

途中出場:福田湧矢、アデミウソン、渡邉千真

ベンチ:一森純、新里亮、奥野耕平、パトリック

いきなりアウェーの試合で王者マリノスを破り、インパクトを与えたガンバ。開幕戦まで1週間かけて準備したという対策がハマった形ですが、その勝利が100%の手応えを選手たちにもたらした訳ではありません。

キャプテンの三浦弦太は「こういう相手に対してもビルドアップで外して行くとか、押し込む局面を作るとか、練習してきましたし、そういうつもりでもいた。押し込まれてカウンターという展開が多くなったので、結果が出たことは何よりですけど、1シーズンで見たら自分たちの時間をもっと作れるようにしないと、しんどいと思う」と気を引き締めていました。

(残り 3737文字/全文: 4372文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック