【サッカー人気4位】【U-19日本代表】初日練習フォトレビ…

カワジうぉっち

【原点】宮吉拓実 Vol. 3[拓実を育てた場所]

小学校3年生の宮吉拓実:上段左から4人目(堀越コーチ 写真提供)

 

京都サンガF.C.所属の宮吉拓実27歳、プロ13年目。           

サンガでJリーグデビューしたのは16歳1ヶ月14日(J1リーグ史上2位の年少記録)。

これまでカターレ富山、サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌でもプレーしてきたが、昨シーズン サンガに復帰し、Jリーグ通算200試合出場を愛するクラブで達成した。

サンガ下部組織で育ったことは知られているが、サッカーを始めたころはどうだったのか。

サッカー人生最初の指導者である恩師の堀越八輔氏(松庵小サッカークラブコーチ)が幼少期の宮吉拓実について初めて語る。

 

 Vol. 3[拓実を育てた場所

「メッシの幼少期の動画を見ると、今のメッシと変わらない動きなんですよね。拓実も同じで、1年生で入ってきたときには、もう今の宮吉拓実だったんですよ。蹴り方もドリブルのフォームも1年生のときにすでに完成されてたんです」

 

練習は「誰よりもしてましたね。うちのクラブの子たちがよく行く公園があって、そこはうちにとっては聖地(せいち)みたいな公園で、拓実はそこで毎日練習していました。

当時、僕もよく通っていて、毎日顔を合わすんですけど、台風の日に、さすがに誰もいないだろうと思って公園をのぞいてみたら、拓実が台風の中、一人でボールを蹴ってました。

彼だけじゃなく、うちから巣立って強豪(きょうごう)チームに入った子たちはみんな、その公園で練習していた子たちです。彼を育てた場所はあの公園だと思います」

 

サッカー好きが集まる公園で日々ボールを蹴っていた拓実。プロになりたいという夢をコーチは聞いたことはなかったという。

「そりゃもう、プロになるんだろうなと思っていました。20年以上コーチをしている中で、対戦した相手を見ても、彼以上の選手を見たことがない」

 

(残り 892文字/全文: 1671文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック