【サッカー人気5位】サッカーに大切な「●●優位」 仙台戦2…

カワジうぉっち

【原点】宮吉拓実 Vol. 4 (最終話)[成長]

小学校3年生の宮吉拓実:上段左から4人目(堀越コーチ 写真提供)

 

京都サンガF.C.所属の宮吉拓実27歳、プロ13年目。           

サンガでJリーグデビューしたのは16歳1ヶ月14日(J1リーグ史上2位の年少記録)。

これまでカターレ富山、サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌でもプレーしてきたが、昨シーズン サンガに復帰し、Jリーグ通算200試合出場を愛するクラブで達成した。

サンガ下部組織で育ったことは知られているが、サッカーを始めたころはどうだったのか。

サッカー人生最初の指導者である恩師の堀越八輔氏(松庵小サッカークラブコーチ)が幼少期の宮吉拓実について初めて語る。

 

 Vol. 4成長]

拓実は16歳になったばかりでJ1リーグデビューを果たす。

 

サンガのホーム戦で、対戦相手はG大阪。後半27分、1-2のビハインドで期待を背負って出場すると、ファーストタッチでいきなり決定機を作った。

「彼の成長は本当に楽しみにしていて、ずっと追っかけて見てました。サンガでのデビュー戦は、フェルナンジーニョ(現ガイナーレ鳥取)と交代で入って、すごいスルーパスをアウトサイドで通して、林さん(林丈統)が豪快(ごうかい)に外したっていうのを楽しく見てました(笑)」※

 

※サンガユースに所属していた宮吉拓実は2種登録でトップチームに同行し、2008921日、西京極でデビュー。161ヶ14日でのJ1リーグ出場は森本貴幸(現アビスパ福岡)に次ぐ歴代2位の年少記録となった。

 

「若いうちから活躍して、アンダー世代の日本代表にも選ばれていた。なのに、すごく謙虚(けんきょ)礼儀(れいぎ)正しいじゃないですか。サポーターにも愛されて。 親御さんやサンガの教育がよかったんだなと思います。 中学3年生のときにU-17の日本代表合宿が東京のほうであって、その帰りに顔を出してくれたことがあった。それ以来、なかなか忙しくて会えないんですけど、たまに連絡をとっていて、何か恩返しできないかってことで、サンガの試合に招待してくれています」

 

昨シーズンも巣立ったクラブの子どもたちを試合観戦に招待した拓実(2019年6月2日 東京ヴェルディ戦 4-1○ @味スタ)。

「すごく優しく接してくれて、子たちはすごく喜んでましたね。OBにプロの選手がいるってことは子どもたちの刺激になる。目標になってますね」

(残り 909文字/全文: 1896文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック