【サッカー人気2位】今季初取材の今治に「J3らしさ」を見い…

カワジうぉっち

期限付き移籍選手の定点観測:鹿島アントラーズ

Jリーグの移籍市場には完全移籍での移籍のほかに期限付き移籍があります。期限付きでも育成型、買い取りオプションの有無などありますが、総合的に期限付き移籍選手の定点観測をしたいと思います。

鹿島アントラーズ

山口一真(水戸ホーリーホック)

レアンドロ(FC東京)

小田逸稀(FC町田ゼルビア)

有馬幸太郎(栃木SC)

垣田結暉(徳島ヴォルティス)

J1のライバルクラブと比較すれば、アントラーズは期限付き移籍をあまり多く活用するクラブではありません。やはり目を付けて獲得したタレントは手元に置いて、サッカーに集中できる環境でハイレベルな競争に身を投じさせて、資質の開花を見極めると言う哲学がクラブの根底にあるからです。

(残り 2196文字/全文: 2496文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック