【サッカー人気3位】関根貴大が57本の居残りシュート練習を…

カワジうぉっち

期限付き移籍選手の定点観測:名古屋グランパス

Jリーグの移籍市場には完全移籍での移籍のほかに期限付き移籍があります。期限付きでも育成型、買い取りオプションの有無などありますが、総合的に期限付き移籍選手の定点観測をしたいと思います。

 

名古屋グランパス

深掘隼平(水戸ホーリーホック)

榎本大輝(徳島ヴォルティス)

杉森考起(徳島ヴォルティス)

大垣勇樹(いわてグルージャ盛岡)

J1の名門クラブの中では期限付き移籍をそれほど多く活用していないグランパスですが、昨年は菅原由勢がオランダのAZに買い取りオプション付きの期限付き移籍(その後、完全移籍)に加えて相馬勇紀(鹿島アントラーズ)、マテウス(横浜F・マリノス)、秋山陽介(ジュビロ磐田)、金井貢史(サガン鳥栖)の期限付き移籍があり、そのうち相馬、マテウス、秋山はグランパスに復帰しています。

(注:金井は磐田からの復帰後、清水エスパルスに移籍)

現在レンタルされている4人も今シーズンの活躍次第でグランパスに主力候補として戻ってくる可能性は十分にあるでしょう。

(残り 1423文字/全文: 1854文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック