【サッカー人気5位】首位独走の川崎をいかに止めるか【練習レ…

カワジうぉっち

【グランパスうぉっち】J1再開に向けFC岐阜とのTMで見えた収穫と課題

名古屋グランパスはJ3の再開を一週間後に控えたFC岐阜と45×3本のトレーニングマッチを行い、1−0で勝利しました。

唯一の得点は2本目の終了間際。岐阜のクリアボールを高い位置で拾った稲垣祥から米本拓司、左の相馬勇紀と渡り、基本ポジションよりたたインサイドでボールを持った相馬がトップ下の阿部浩之と鮮やかなワンツーでペナルティエリア深くに進入したところで倒されてPKを獲得。阿部が冷静に決めました。

(残り 1955文字/全文: 2212文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック