【サッカー人気1位】「残留交渉を続けたものの、山口一真は移…

サッカーの羅針盤

【維新の風】レノファ山口:琉球戦はこの布陣で臨め!

再開後、ファジアーノ岡山に2点リードから追いつかれて引き分け、そこから愛媛、磐田、徳島を相手に3連敗してしまいました。

霜田正浩監督は愛媛戦の後半にやりたいことができてきたことを語り、磐田戦は昇格候補の相手に善戦したものの、セットプレーとカウンターからルキアンに個人技を発揮され、終盤にイウリのゴールで1点返したものの2−1で連敗となりました。

ここまではポジティブな空気もありましたが、立ち位置で優位性を取ってくる霜田監督曰く「似たところがある」徳島に4−0の完敗。しかも試合展開が向かなかっただけでなく”力負け”と言わざるを得ない内容で、相変わらずセットプレーの失点も大敗の流れに拍車をかけてしまいました。

徳島戦は映像で観た見解ながら全体の強度が下がり、立ち位置の取り合いだけでなく、局面の1対1でもほとんど負けていたと思います。相手は前節に勝っていたにもかかわらず、スタメンを半数近く替えてフレッシュな状態で臨んできました。

一方のレノファは過密日程で磐田、徳島と言う移動を強いられるレレギュレーションでありながらスタメン変更は森→浮田のみ。前半途中に負傷してしまったヤン(高宇洋)含め、出ずっぱりの選手もいますが、明らかに強度が落ちています。もちろん選手のコンディションを一番把握しているのは現場のスタッフですが、だからこそ視野が狭くなる部分もあります。

再開前、各ポジションに二人以上は選手がいると自負していた霜田監督だけに、琉球戦では心身共にフレッシュな選手を数人スタメンに抜擢することを推奨したいと思います。

(残り 1809文字/全文: 2466文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック