【サッカー人気5位】【フクロウの時報】武蔵のオファーは想定…

カワジうぉっち

【湘南vsC大阪】ジリジリした睨み合いをセレッソが制する。(監督コメント付)

湘南ベルマーレとセレッソ大阪はスコアレスで迎えた後半27分にアウェーのセレッソがバイタルエリアから豊川、奥埜、坂元と素早くつないだところで途中出場の馬渡和彰が倒してしまい、PKを清武弘嗣が決めて先制。タリク、福田晃斗を投入した湘南の攻撃を凌ぎ切り、勝ち点3を獲得しました。

湘南はサイドバックが絶妙な立ち位置を取るセレッソに対し、なかなか前からプレッシャーをかけらあせんでしたが、狙いどころを見極めて、ボールを奪ったところから3バックの岡本拓也がタイミングよく攻め上がるなど、何度か惜しいチャンスを得ましたが、マテイ・ヨニッチと瀬古歩夢が構える中央を崩しきれず、サイドからのクロスも跳ね返されて、なかなかフィニッシュに持ち込めませんでした。

(残り 1760文字/全文: 2079文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック