【サッカー人気5位】最強の敵を前に、浦和が採るべき策とは【…

サッカーの羅針盤

【名古屋vs浦和】展望:大槻監督視点

浦和レッズはアウェーの強田スタジアムで名古屋グランパスと対戦します。

ルヴァン杯のセレッソ大阪戦は内容的にかなり押し込んだ時間帯が目立ち、チャンスの数でも上回りながら終盤に与えたセレッソのチャンスから交代選手の西川潤と豊川雄太にやられる形で1点を失い、そのまま敗れてしまいました。

「フットボールは点数をどっちが多く取ったか、取られないかをきそうところなので、内容で良い狙い、回数が出たとはいえ、本当に大事なところを持って来れなかったのは残念に思っています」

(残り 547文字/全文: 774文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック