【サッカー人気1位】Jクラブはそろそろどれくらい大変なのか…

サッカーの羅針盤

【川崎vs大分】現在の力関係は明白。大分は”最強”川崎にどう挑むのか

大分トリニータはアウェーの等々力で川崎フロンターレと対戦します。再開後、初の関東圏への遠征で、しかも相手は”現在の最強チーム”とも評価される川崎フロンターレと言うことで、下馬評では圧倒的に大分が不利という評価でしょう。

実際に14位の大分は9得点16失点で得失点差はマイナス7あるのに対して、川崎は21得点で6失点、得失点差は+15、両者の差は22もありますここまでのシュート数も大分は58本、川崎は130本と倍以上も川崎が多く、被シュートは大分が94本、川崎が54本となっています。

大分トリニータの公式コンテンツ「トリテン」を担当するひぐらしひなつ記者によると、片野坂監督は本当に強いし、他のJ1クラブも勝ち点を落としているので、自分たちは思い切ってやってこいと選手たちに伝えているようです。

(残り 1590文字/全文: 1936文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック