【サッカー人気5位】最強の敵を前に、浦和が採るべき策とは【…

サッカーの羅針盤

【千葉vs松本】5連敗の山雅。耳が痛くても聞くべき”セルのメッセージ”:試合がなくなるわけじゃない

フクアリで行われたジェフユナイテッド市原・千葉と松本山雅の試合は佐藤寿人の幸先良い先制点からロングスローを含むセットプレー2発で突き放したジェフが3ー0の勝利を飾りました。

先発9人を入れ替えて臨んだユン・ジョンファン監督も「チャンスを選手たちは生かしてくれた」と振り返りました。前節から連勝できたことはもちろん、やはりここまで結果を出せていなかったホームゲームでの勝利が喜びを増幅させた様子です。

「勝ったからそう話すこともできるが、私は選手たちを信じている。選手たちが変わろうという意欲が目に映るんです。選手たちが少しずつ私の考え、チームとして何をやらないといけないかを分かってくれているので、これから良くなる」

日頃厳しい指揮官もそう語るとおり、千葉のパフォーマンスは間違いなく素晴らしかったですが、松本山雅から見たらどうだったでしょうか。この日、2得点を決めたセンターバックの増嶋竜也は「押し込まれた時間帯も粘り強く叩けていたのではないか?」という質問にこう切り返しました。

「押されているイメージはあんまり無かった。前が頑張って、相手を誘導してくれていたので助かりました。(サイドチェンジに対しては)ボールプレッシャーをかけて、後手を踏まずに最後までオーガナイズできていたと思います。ちょっと困ったなという場面はほとんどなかった」

この言葉をそのまま山雅の目線にして考えれば、それだけ千葉のディフェンスを怖がらせることができていなかったと言うことです。

(残り 1387文字/全文: 2013文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック