【サッカー人気4位】岩波拓也が最終ラインのポジションを奪い…

サッカーの羅針盤

【山雅探報】完敗の千葉戦に見えた光:前・ラルフ・久保田の右トライアングル

フクアリに乗り込んだ松本山雅はジェフに3ー0の完敗。ボール保持率、シュート数では上回ったものの、決定的なチャンスがほとんどなく、敵将ユン・ジョンファン監督のプランを考えれば試合後にセルジーニョが「向こうの罠にハマった」と吐き捨てるのも無理ないパフォーマンスだったと自分も思います。

ただ、何もプラス材料が無かった訳ではありません。今回せっかく現場で山雅を観られると言うことで、注目していたのが横浜F・マリノスから山雅に加入した前貴之のプレーです。

正直すぐにチームに完璧なフィットをすることは期待していませんでした。どう言うビジョンを持って山雅のチームに入っているのか、前が加わったことでどう言う効果がもたらされるのか。それが重要なポイントでした。

(残り 1856文字/全文: 2178文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック