【サッカー人気3位】どうした?浦和のエース興梠慎三【こぼれ…

サッカーの羅針盤

【J1騒乱】ゴール解説:清水エスパルスvs鹿島アントラーズ:エヴェラウド、土居聖真、ティーラシン

清水エスパルスと鹿島アントラーズの試合は鹿島はエヴェラウドと土居聖真のゴールで2点をリード。終盤に清水は途中出場のティーラシンが意地のゴールで1点差と迫りますが、J1デビューの成岡輝瑠が惜しいところまで迫るも及ばず、鹿島が勝利しました。

エヴェラウド(前半29分)

町田浩樹からアラーノへの縦パスがズレて、岡崎慎が拾いましたが、そこから右の宮本航太に出たパスを杉岡大暉がカット。再びアラーノに渡ります。

ただ、この時点で清水は5人のディフェンス、鹿島はバイタルに3人でした。しかし、清水の瞬間的な判断に連携面のズレが生じます。

アラーノに岡崎、さらにボランチの中村が中央から開いてダブルで行く形になりますが、中村の移動によって生じたスペースを使い、アラーノは進出するレオ・シルバにパスします。

最終ラインの中央から立田が前に出てレオ・シルバをチェックしようとしますが、今度は背後に生じたエアポケットを鹿島が逃さず、岡崎の背後で受けたエヴェラウドが素早くフィニッシュしました。

(残り 1041文字/全文: 1535文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック