【サッカー人気2位】川崎に完敗 ゲームプランを崩された相手…

サッカーの羅針盤

【フクロウの時報】鳥栖・林大地との対戦を楽しみにする田中駿汰。チームを勝たせる存在に

3-4で惜敗した浦和レッズ戦。

フル出場で守備に奮闘した大卒ルーキーの田中駿汰は「攻撃陣が3点取ってくれて、守備陣がしっかり守ることさえできれば勝てたゲームだったので、自分も責任を感じていますし、もったいない試合だったと思う」と反省した。

 

だが、田中は激しい試合の中で、攻守に渡るハードワークと対人プレーで貢献していた。

「攻撃になったらしっかりボランチで受けて前につなぐというのを意識してやってた」と。

 

終盤にはヘディングでゴールを狙うシーンもあり、「決めないといけないシーンだった」と悔やんだ。

 

中2日でアウェイのサガン鳥栖戦というハードスケジュールのなかで田中は「もっと守備の改善ができると思うので、しっかり見つめ直してやっていきたい」と前を向いた。

(残り 1051文字/全文: 1392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック