【サッカー人気4位】10月20日のJリーグ臨時実行委員会で…

サッカーの羅針盤

【湘南戦線】”井手口封じ”の齊藤未月。森保監督は”チームを勝利に導く活躍”を見ている。ブンデス1部デビュー前夜の遠藤航すら超えるべきライバルと捉える情熱と野心

吹田スタジアムでガンバ大阪に勝利した湘南ベルマーレ。この過密日程では異例の中12日間というスケジュールで攻守のベースを見直してから3試合で1勝2分とようやく結果が出てきました。

ガンバ大阪戦はボール保持率42%でシュートも倍の22本を打たれましたが、組織的な守備に加えて齊藤未月にキーマンの井手口陽介を徹底マークさせるギミックがガンバのリズムを狂わせる鍵になったように思います。

勝利の”立役者”となった齊藤未月は試合前にチームメートからも「周りの選手からも”お前と井手口選手でどっちが勝つか”と言われていた」と振り返ります。

 

齊藤未月の”井手口対策”は大きく2つ

(残り 1825文字/全文: 2110文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック