【サッカー人気3位】マリノスに突き付けられている“現実”。…

サッカーの羅針盤

【代表通信】”04ジャパン”清水エスパエルスユース戦:この敗戦を糧に

森山佳郎監督が率いる”04ジャパン”Uー16日本代表はSBSカップで清水エスパルスユースと対戦し、前半に2点を先制されて後半立ち上がりにさらに失点。途中出場の内藤大和のゴールで1点返したものの、1ー3で破れました。

2歳差のハンディがあるにしてもアジアや世界を見据えれば多くの課題が見られた試合でしたが、こうした経験から大きく成長するかどうか。また厳しい試合の中でも奮闘を見せた選手もおり、森山監督はそうした選手たちを高く評価しつつ、他の選手たちの奮起も求めました。

(残り 1161文字/全文: 1393文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック