【サッカー人気5位】「今日の試合はディフェンスの選手たちを…

サッカーの羅針盤

【鹿島戦記】アカデミーから台頭する新時代のサイドバック。”04ジャパン”溝口修平フォトレビュー

SBSカップの2日目で静岡ユースと対戦した”04ジャパン”U-16日本代表。PKによる失点、さらに退場で早い時間帯から10人になった試合展開の中で、後半から鹿島アントラーズユースの溝口修平がピッチに立ちました。

左サイドバックのスペシャリストである溝口。サガン鳥栖U-18の楢原慶輝と縦のラインを組み、劣勢の中でもアグレッシブな仕掛けやデュエルの奮闘が目立ちました。

(残り 233文字/全文: 415文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック