【サッカー人気1位】新潟はなぜ、どこで間違ってしまったのか…

サッカーの羅針盤

【山雅探報】布前監督に課された若手の成長とスタイル構築と結果。琉球戦は”糸の切れたバルーン”のようだったが、何試合も前から兆候は出ていた。

松本山雅は布啓一郎監督の解任を発表しました。

2019シーズンでJ2降格となり、反町体制が終わりを告げました。松本山雅は後任人事を急いでいましたが、2020年の新監督として白羽の矢を立てたのはザスパクサツ群馬をJ2昇格に導いた布啓一郎氏でした。

理由は群馬での手腕はもちろん、市立船橋高で多くのJリーガーを育て、JFAではアンダーカテゴリーの代表監督をつとめるなど、育成年代のスペシャリストとしても実績と経験があることでしょう。

(残り 2890文字/全文: 3157文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック