【サッカー人気5位】年間最優秀選手は審判が決め表彰式はドレ…

サッカーの羅針盤

【維新の風】松本、金沢、そして山口。小松蓮の中で高まるゴールビジョン

J2の後半戦でレノファ浮上の鍵を握る一人は小松蓮でしょう、なかなか得点が生まれませんでしたが、第19節の水戸ホーリーホック戦でシーズン初ゴールを決めると、ジェフ千葉戦では高井和馬のショートクロスに左足で合わせる鮮やかなゴールを決めました。

それでも前半戦が終わって2得点。ここからレノファ山口を勝利に導くゴールを決めて行くために、どう言うビジョンを描いているのか。松本山雅、ツエーゲン金沢から山口にやってきてのイメージのブラッシュアップについて聞きました。

ーーゴール決める時はダイナミックですけど、そう言う形をどれだけ作れるかは周りとの協力次第だと思います。そういったところの細かいビジョンの共有とかタイミング、インスピレーションは合ってきましたか?

遅いと言われれば遅いですけど、やっとチームメートとの試合の中での攻撃のコンビネーション、クロスのポイントも少しずつ合ってきたかなと思いますね。

(残り 1856文字/全文: 2306文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック