【サッカー人気1位】受け入れ難い3失点惨敗。問われるのは残…

サッカーの羅針盤

【サムライ航路】好守、決勝ゴールの起点など。シュトゥットガルト遠藤航のプレー

【ピックアップゲーム】

ドイツ・ブンデスリーガ 2

1.FSVマインツ05  1–4  VfBシュトゥットガルト

【出場日本人選手】

シュトゥットガルト:遠藤航(フル出場)

【フォーメーション】

【試合総評】

遠藤航はアンカーの位置で先発フル出場。前節のCBとは異なる役割を求められる中で、効果的な働きをしていた。守備的なタスクでは、ボールを保持する相手に寄せていった味方のフォローを担っていた。その際には、一列前のマンガラが遠藤の空けたスペースを埋めることでカバーし、遠藤も自らのポジションを空けるタイミングを明確に管理できていた。

(残り 1323文字/全文: 1580文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック