【サッカー人気4位】新著『フットボール風土記』が求められる…

サッカーの羅針盤

【湘南戦線】遠藤航の再評価。恩師・浮嶋敏監督が「ドイツの2部よりも1部のがワタルはやりやすいんじゃないか」と語る理由

コートジボワール戦で大活躍を見せた遠藤航に関して湘南ベルマーレ時代の恩師である浮嶋敏監督に聞きました。

ーーコートジボワール戦での遠藤航選手のパフォーマンスが本当にすごくて、たぶん植田選手が最後に全て持って行かなければMOMぐらいの活躍だったというのを見て、もともとワタル選手は後ろでやてましたけど、湘南の若い選手たちに刺激というか、浮島監督は今トップで監督をやってますけど、そういう選手が湘南から出ることでさらに刺激を受けましたか?

そうですね、ワタルは本当に読み、予測、ボールを受ける前、ボールが自分のところに来ている移動中によく何回も見られる、見るということに非常に優れている選手だと思います。そういう意味ではアカデミー出身の選手にとってワタルは目指している選手が多いです。

(残り 1276文字/全文: 1614文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック